技術に関する話題 | 一般社団法人 建設電気技術協会

サイトマップお問い合わせ
技術に関する話題
技術情報
【国土交通省】令和2年度 新たな道路照明に関する技術公募について

経済性の向上、照明施設の安全性向上、メンテナンスの効率化等に資する新たな道路照明に関する技術の公募が実施されています。
興味がある方は以下のリンクをご参照ください。

令和2年度 新たな道路照明に関する技術公募について

海峡部道路照明への適用に関する技術公募について

一般社団法人建設電気技術協会では、「平成30年度海峡部道路照明更新検討業務(本州四国連絡高速道路株式会社)」の実施に際し、「海峡部道路照明検討委員会(委員長:萩原亨北海道大学大学院教授)」を設置し、新たな設備の設置基準及び道路照明器具仕様の検討を行っております。

このたび、同委員会において、試験用照明器具の検討・製作に関する審議を行うに当たり、技術公募を行うこととしましたので、お知らせします。

【公募期間】
平成30年11月6日(火)から平成30年12月5日(水)まで

【公募要領等】
海峡部道路照明への適用に関する技術公募【公募要領】及び
海峡部道路照明への適用に関する技術公募【公募要領(応募方法編)】のとおり。

【公募内容に関する問い合わせ先】
海峡部道路照明検討委員会 事務局
(一般社団法人 建設電気技術協会調査部 嵯峨根、河合)
TEL 03-3568-2461
FAX 03-3568-2462
E-mail chousabu%kendenkyo.or.jp
(%は @ に置き換えて下さい)

中山間道路走行支援システム(仮称)資料集について

中山間地域のすれ違いが困難な道路の区間や見通しが悪く事故の危険性が高い箇所等において、すれ違いができず円滑かつ安全な走行に支障をきたす等の状況が発生していますが、直ちには道路幅を拡幅する等の改良を実施することが困難な場合が少なくないことから、1.5車線的道路整備等において、当面の対応として対向車の存在を検知し情報提供することにより、円滑かつ安全なすれ違いを実現するシステムを導入している自治体も見受けられます。

このようなシステムの導入は全国的にもニーズがあり、導入の促進のためには、具体的な仕様書(案)の整備が必要と考えられることから、今般、取組事例を整理するとともに、仕様書(案)を作成しました。

本書は、これらの資料を参照することにより、同様の課題を有する道路の区間における対策が促進されることを目的とするものです。

公表する資料は以下のとおりです。

IC、洞門、立体交差下部照明設計要領(案)(平成30年3月)・同解説

この解説は、現在試行中の「インターチェンジ・洞門・立体交差部照明設計要領(案)」(平成30年3月29日付事務連絡 国土交通省 大臣官房 技術調査課 電気通信室)に対する配置例および考え方の解説です。

用語解説

ここに掲載されている記事は、当協会の季刊誌「TESLA(建設電気技術)」の「用語解説」欄にてご紹介された記事です。

Vol. 記事名 掲載号
162 2008年06月号
162
PLC(高速電力線通信) 【.pdf | 184 KB】
2008年06月号
161 2008年03月号
基礎講座

ここに掲載されている記事は、当協会の季刊誌「TESLA(建設電気技術)」の「基礎講座」欄にてご紹介された記事です。

Vol. 記事名 掲載号
195 2018年03月号
193 2017年06月号
189 2016年03月号
AETELI
一般社団法人 建設電気技術協会

〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル2F

TEL:03-3568-2461 | FAX:03-3568-2462

当サイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。